『むだなし』

プロジェクト コンセプト

新型コロナウイルスやオリンピック延期などの予期せぬ影響

販売期限がありながら、余剰となっている生ものなど

生産者(売り手)が消費者へ直接販売によって届けるマッチングサイトの運営

◆例えば、

~その1~
五輪特需が消えたことによる、高級ブランド牛肉。さらに新型コロナウィルス感染拡大で飲食店の売り上げが落ち込み、食用に処理された枝肉の価格は今年3月、5年ぶりに1キロ3千円を切り、今や半額とも。卸業者も在庫過多で一向に消費がすすまない。

そんな時こそ、『むだなし』へ出品してはいかがでしょうか。消費者への直接販売なので、自社の売りたい金額で出品できます。消費者も普段なかなか口にできない高級和牛が割安で購入できるとなれば、Win-Winを築くことができます。
→ 和牛業界を襲う未曽有の危機を、価値あるものとして、喜びにかえる!

それが、『むだなし』のコンセプト!!

~その2~
たくさん育てた薔薇があるけど、緊急事態宣言下では、モノが動かないので作った薔薇が手元にたくさん余りそうな薔薇農家さん。
→一生懸命育てた薔薇、たとえ1本40円でも買い手の方に喜んでいただけたらうれしいな…

購入者 「薔薇50本が、えっ!2,000円で買えちゃうの?またとないチャンス!」

『むだなし』に出品→欲しい人へ、生産者からお値打ち価格で生産農家から直送。
→廃棄ロスとなるものを、価値あるものとして、喜びにかえる!

それが、『むだなし』のコンセプト!!

~その3~
コロナ騒動前に大量に仕入れた在庫が、緊急事態宣言でモノが動かない。

『むだなし』に出品→欲しい人へ、飲食店・商社から直送。
→ 賞味期限が過ぎて使えなくなるもの、売れずに倉庫のスペースを無駄に占めているものを、価値あるものとして、喜びにかえる!

それが、『むだなし』のコンセプト!!

~その4~
コロナ騒動前に植えて出荷時期を迎えた野菜など、飲食店の営業自粛で、出荷できない事態が発生。

『むだなし』に出品→生産者価格で欲しい人へ、生産農家から直送。
→ このままでは商品価値がなくなるものを、価値あるものとして、喜びにかえる!

それが、『むだなし』のコンセプト!!

なぜ、今、『むだなし』なのか?

生産者(販売者)-購入者が対等な関係による取引

『むだなし』が、流通商品を買いたたくことはいたしません

消費者の需要価格に合わせて、生産者(販売者)の皆さまが、価格設定をしていただけます

オークションサイトやフリマサイト のイメージなので、出品するのも購入するのも、とても簡単な操作となります

『むだなし』は、あくまで需要と供給のマッチングをお手伝い!

だからこそ、

売り手=買い手=廃棄ロスを防ぐ(世の中よし)
WIN-WIN-WIN=トリプルウィン=三方よし、がコンセプトなんです。

 

 

販売サイト イメージ

販売方法=決済について

『むだなし』は、決済手数料10%のみで、ご利用いただけます

決済の流れ

① 購入希望者が『むだなし』に入金
② 入金確認後、出品者へ連絡
③ 出品者発送連絡
④ 商品到着到着後、購入者確認 •出品者へ連絡
⑤ 出品者へ振り込み(毎月最初の1回か3万円以上の出金は無料、それ以外は250円/1回)

 

 

 

『むだなし』なら、こんな使い方も!

 

ご近所で評判の趣味で作っている有機野菜。
→おいしさをおすそ分けしたいけど、近所に道の駅もないし…

『むだなし』へ生産された野菜への想いと画像、販売数を送信してください。

ご指定の金額でインターネットを通じ、全世界へ発信いたします。

いわば、世界中の人たちが購入可能な『道の駅』になるわけなんです。

 

 

 

 

『むだなし』プロジェクトの強み

 

商品を生産者(売り手)が買いたたきなどにあうことなく、適切な売値で販売し、消費者(買い手)側も市場価格よりお得値で商品を入手できるところです。

さらに、地球規模でのテーマとなっている、廃棄ロスを無くすという『むだなし』の実現にも、みんなで得して貢献しちゃうんです!

 

 

 

 

需要と供給

このバランスが崩れれている今だからこそ、届けられることもあります。
下を向き続けていても、何も生まれません。
できることを徹底的に模索し続ける、そんな強い想いが届いてこそ、日本中のいたるところでの笑顔につながります。

三方よしを実現する、
『むだなし』プロジェクトへのご参加、心よりお待ちしております!

お問い合わせ